技術情報

主な技術情報

地域の生活、経済活動において不可欠な社会基盤としての「道路」は、時代の移り変わりとともに求められる機能の変化や老朽化等の問題があります。「道路の整備・維持管理」に携わる事業者の方へ、「より良い道路の環境、維持管理が厳しくなる環境において、事業者にとってお役にたつ近代の主な「技術」をご紹介します。

橋梁保全技術

【三次元計測、ドローンを使った橋梁調査】
最新の計測機器を活用し、精密で高精度な調査・設計業務を行っています。

①三次元計測を活用した補修設計
既存橋梁の設計図書が存在しないため三次元計測による構造再現と補修設計を実施。

②UAV(ドローン)と3次元計測を活用した部材損傷調査
近接目視が困難な吊橋のUAV(ドローン)による写真・動画撮影。3Dレーザースキャナによる点群データを解析し鋼材の減肉部位を特定。構造残存耐力を評価。

【橋梁維持管理システム】
橋梁の維持管理を支援するシステム「各種データの一元管理」「データからの橋梁の健全度を判定」「総合的判断による保守管理に反映」で、既存橋梁を評価。

無電柱化技術

【無電柱化トータルコンサルティング】
近代設計は、無電柱化推進計画の策定、電線共同溝・無電柱化設計、台帳整備や管理システム作成など、計画~維持管理支援まで、トータルコンサルティングを行います。

【電線共同溝・共同溝/データベース整備】

①電線共同溝台帳管理システム
電線共同溝における管路部、特殊部の施設状況やケーブルの入選状況を管理するための施設台帳管理システムを策定します。電線共同溝に関する維持管理システムの導入実績は全国トップクラスです。

②地下構造物維持管理システム
既設共同溝の修繕工事の平準化、費用の縮減を目的に本体の健全度評価、補修方法の検討等により補修計画を策定します。

③地下空間管理システム(ICタグ)
地下埋設物の切断事故等の未然防止を目的とした、地下空間の”見える化”技術で、NETIS技術として登録されています。
安全な低コスト手法の導入を支援する技術として注目されています。

論文
「RFID(ICタグ)を活用した地下埋設物の切断事故防止対策について」
(平成22年度近畿地方整備局研究発表会)

 

CIM(3次元データの活用)

計画、調査、設計段階から3 次元モデルを導入し、一連の建設生産システムの効率化・高度化を図るため、CIMを積極的に推進しています。

使用環境
使用ソフト名
AutoDesk Civil3D 他
川田テクノシステム V-Nas Clairなど

橋梁
【上部工架設計画における現道切り回し計画に活用】
架設時の影響範囲(桁架設時の俯角)や重機の配置に配慮した現道切り回し計画の検証ができます。
架設時に必要な施工ヤードの範囲を3次元的に把握することが可能です。また、現道切り回し計画を説明する時、切り回し範囲について容易に理解を得ることができます。

都市施設
【電線共同溝計画の可視化に活用】
地上部・地中部をモデル化することで、精度の高い計画が可能です。
また、関係機関との協議において視覚的に理解を得ることができます。
近隣住民の事業把握も容易になります。

ページトップへ戻る