品質・環境への取り組み

社会資本整備の一翼を担うものとして、成果の品質確保を確実なものとすべく、ISO9001の認証を受けました。また、地球環境保全のため、我々の設計が環境負荷の少ないものとなるよう努力を続けております

品質方針

1.顧客第一主義に徹する。
我々は顧客の意を体し、そのニーズを把握し、要求に適合する成果品の提供に徹する。そのため、当社のもてる技術力を遺憾無く発揮し、顧客満足度の向上に努めるとともに、この品質マネジメントシステムを確立し、その有効性を継続的に改善する。

2.品質改善のための運動を継続する。
成果品の適合をより確実にするため各年度ごとの事業計画で、この品質方針を確認し、これに沿った品質目標を各部門で設定する。部門長はこの品質目標が自部門の各階層で実行され、維持され、日常的に品質の改善が行われることに責任をもっており不断の努力が要請される。

3.技術の研鑚に努める。
この品質管理マニュアルに規定されるシステムの到達目標は、当社の社員として志を同じくする者同士が、それぞれの役割分担を通して技術を磨き、成長し「健康で豊かな頭脳集団として」当社の生産する成果品が社会に貢献するよう、前掲の経営理念にチャレンジすることにある。

平成29年1月1日:代表取締役社長

ISO9001 認証登録

1998.9.22 取得  JIS Z 9901:1998(ISO 9001:1994)
2003.3.19 更新  JIS Q 9001:2000(ISO 9001:2000)
2009.8.26 更新  JIS Q 9001:2008(ISO 9001:2008)
2017.8.29 更新 JIS Q 9001:2015(ISO 9001:2015)

適用規格 JIS Q 9001:2015 (ISO 9001:2015)
登録範囲 道路、都市計画及び地方計画、土質及び基礎、鋼構造及びコンクリート 、トンネル、施工計画・施工設備及び積算に関するコンサルティング
認証対象組織 本社:生産管理室、企画室、管理本部(情報システム室を除く)、東北支社、東京支社、名古屋支社、大阪支社、株式会社 北海道近代設計

 

環境方針

自然と深く係わる建設関連企業である我が社は、地球環境の保全、自然との共生が最重要課題の一つであることを認識し、次の環境方針を定める。

1.事務所活動及びコンサルティングサービス活動において、環境に与える影響を的確にとらえ、技術的、経済的に可能な範囲で、環境目的・目標を定めて、環境保全活動の推進に努める。

2.環境に関する法規制及び当社の同意するその他の要求事項を順守する。

3.環境保全活動を推進するにあたり、汚染の予防に努めるとともに、以下の項目について重点的に取り組む。
(1)計画・設計における「環境負荷の軽減」の追求。
(2)事務所活動における資源の有効利用。

ページトップへ戻る